• HOME >
  • リノベーション

リノベーション

リノベーションとは、改修・増築等をすることにより、付加価値を増大させることで、
築年数の経過した住宅やマンションを新たな住まいとして生まれ変わらせることを言います。
ライフモアでは、新築以上にお客様のご要望に応えるお住まいをご提供致します。

リノベーションとリフォームはココがちがいます

リノベーションとリフォームどこが違うのでしょうか?

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すこと、
「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、 価値を高めたりすることを言います。「リノベーション」では新築時の状態に戻すことを目標にするのではなく、機能や価値を向上させることを前提としています。
また、住宅にオフィススペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。

リノベーションのメリット

リノベーションが選ばれる理由

日本では一般的に、購入する際には「新築の家」を持つことがステータスとされ、家の老朽化とともに壊してまた新しく建て替えられることがほとんどでした。
しかし近年になって、土地や建材の高騰を背景に、消費者の関心は新築だけでなく中古物件やリノベーションへと選択肢の幅を拡げてきています。
また、リノベーションは建て替え時の廃材が少なく、木材の使用も抑えられるため、環境保護の観点でも評価を得ています。

中古住宅を購入してリノベーション、理想の我が家へ

ライフモアではお客様へ、リノベーションのご提案をしています。
家づくりはほとんどの人にとって、一生に一度の大きな買い物です。
高額のローンを組み完成した後で「こんなはずじゃなかった」と思っても、取り返しがつかないことが起こることがあります。
リノベーションなら、中古物件をベースにすることで、旧間取りのよさとお客様の希望を併せてよりよく安価に家の再生ができます。
また、家に手を入れることで、住宅の価値があがり、資産価値も守られます。

どのくらい費用がかかるのでしょうか?

リノベーションする際にかかる費用

リノベーションをする際にかかる費用は大きく分けて以下3つに分類することが出来ます。

物件購入時にかかる費用

まずは物件を購入することが必要です。中古住宅や中古マンション等の中古物件を購入するのに必要な費用には、物件購入費の他に諸経費が必要となります。 諸経費は仲介手数料・登録免許税・司法書士報酬等があり、実際にどのような諸経費が発生するかについては、物件購入時に確認しておくことをお勧めします。

リノベーションにかかる費用

一口にリノベーションといっても、建物を構造のみ残して完全に解体する大規模なものから、外観や共用部分などの一部のみ改修を行う小規模なものまであります。
リノベーション費用は工事の規模により、かかる費用も大きく変わってきます。

居住後にかかる費用

リノベーション物件に引っ越しした際に費用が発生します。
主な費用としては管理費や固定資産税などの税金がかかります。

リノベーションを行うには大きな費用がかかります。後悔しないリノベーションを
実現させるためにも、きちんとした計画を立てて行うことをお勧めします。
ライフモアでは無料相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ